2005年末もMONK連と過ごす大阪(2006年1月)

モラ坊仲間の長之坊くん、空石よ、明けましたな!モラ坊円瓢ですわ、今年もよろしく! (以下のメールは再送信のもの…「sanzu.info」ドメインが正しく動いているかどうかの確認のため、受け取ったらその旨だけ報告よろしく!) ● 再送メッセージはじまる ● モラ坊仲間の長之坊くん、 […]

照空くんからの手紙(2006年1月)

照空くん、今日3通目のメールですな円瓢@MONKフォーラムですぜ まずは、素敵な手紙を有難う!今日の夕方過ぎにポストに届いたようで、夜に覗いたら入っておりました。いきなり封筒が国際郵便なので誰じゃい?と思うたら、まさに照空くんから。そのちょっとイカシタセンスに痺れましたぜ。封筒が […]

諸々戦略を練るMONKの「赤とんぼ」たち(2006年1月)

長之坊くん、ひろやん、昨晩はお疲れさん空石、あんま飲み過ぎんようにな! さて、昨日の梅田でのMONK戦略会議は、ごたぶんに漏れずにとても密度の濃い有意義で行動的な会議であった。ひろやんとも久しぶりに会えたし嬉しかった。 空石の参考までに、プラス、我らの記憶のリフレッシュのためにま […]

モラ坊円瓢また引越し(今度は神奈川)(2006年4月)

よう、空石よ、ひろやん、長之坊くん、 18日に引越(オフィス兼自宅)をして、てんやわんやな状態やったが、3日を経てだいぶ落ち着いた。が、まだ連絡の遅延などが発生しており、皆には迷惑をかけておる。大掃除など久しぶりの肉体労働で、かなりばてた。 まだネット回線も開通しておらず、固定電 […]

友達耽溺(2006年4月)

ただいま、溝の口への引越準備のためにダンボールに書籍などを積み込んでいるのだが、現れ出でる懐かしい資料を腰を下ろして読んでしまいさっぱり捗らぬ。今晩中には終わらせないと、私の部屋には床が見えない場所がたくさんある。 アメリカに送ってもらったのに、ついぞ目を通していなかった、「最後 […]

覚鑁さんとのご縁そして空石は米国出張へ(2006年6月)

空石! ええ縁が来たんちゃうけ、お主にも!いっちゃん(イチロー)は、俺のいずれ友達になりたい著名人候補リストに挙がっているいかした奴なので、是非ともお近づきになるチャンスがあればなっておいて頂戴よ。あの職人魂にはまじで惚れる。ようやってると思うよ、あんだけの言語的ハンディを持ちな […]

照空と「葬儀/法事」情報サイト戦略(2006年8月)

(CC: 空石) いやぁ、暑くなってきましたよ、川崎も。帰京した直後(日)は大阪よりずっと涼しくて、このまま行けばなぁと思うたけど、その日に梅雨明け宣言があったので、そうは問屋が卸さない。これからが夏本番ですな。 先日は、長い間お疲れさんでございました。梅田の「あほぼん寺」は妙な […]

空石の米国便り~鉄道王ウォルター美術館~(2006年8月)

前に出したメールは届いたかな?長之坊っちともよろしくやってくれているようで、帰国の際には面白いサイトが立ち上がっていることを期待するわ。 19んちにこっちに来て、ようやく落ち着いた。シアトルは住みやすい街やわ。季候がいいし、(夏はいやっちゅほど避暑に人が来るが)人も適度に擦れてな […]

河合隼雄老師の危篤、上田紀行ゼミ合宿(2006年8月)

よう、元気そうで何よりやな!(CC: 長之坊くん) こちらは予想通りめちゃくちゃ暑いで。ただでさえ引き篭もりの俺が、もう完全な引き篭もりやで、全く。会合は極力こちらに呼ぶ(うちの嫁さんと共通の仕事関係のときは、彼女の妊婦立場を大いに活用)し、都内まで出て行く必要のあるときも、たい […]

3ヶ月米国出張お疲れ!祝誕生日!20年前の予言(2006年10月)

よう、空石!奥さん! 3ヶ月の米国出張お疲れさん。ワシントン州はかなり寒かったやろうな、10月後半やし。いずれにせよ、イチローという類稀なアスリートを追うことで様々に思うところがあったと思われるこの3ヶ月。よい体験をしたな、空石。あとは、こんだけ長い間米国に住むという体験も初やっ […]

鍼灸、そして高校時代の初心を思う(2006年12月)

奇跡的にその日は休みじゃ!久々の年納め地獄や、腕がなるばい。今後の活動も踏まえて、ビシッといきたいな。 先日、日蓮宗の坊主になると、言っていた鍼灸のあんちゃんのことが頭の隅にあって、岩波の『鍼灸の挑戦』という本が目に留まった。これが面白くて、面白くて。前に読んだ今年一番のミステリ […]

地獄は「猪」絡みで!?(2006年12月)

20日に瀧之坊と鍼灸坊主の卵と延々ディアロゴしたけど、有意義やったわ。おぬしのことを話したら、ごっつい会いたがってたわ。詳細は会ったときにでも。 次回の地獄のお題ができたわい。来年は12年に一度のわいらの年。(いつでも「わいらの年」でもあるがな・・・)そう知っての通り亥年。 とい […]

3年ぶりの納め地獄?各地の猪伝説!(2006年12月)

よう、空石! 先ほどは電話ありがとうす。で、実は、あの直後ぐらいから急に喉が痛くなり、気にせずに風呂に入ったら唾を飲み込んでも耳にまで激痛が走る始末!風邪のひきかけやな、恐らくは…。ちょっとうちの嫁さんが風邪引きかけ(もう治ったが)やったので、もらったのかな。 喉の他は熱なし、鼻 […]

嗚呼!3年ぶりの納め地獄、今年も不可に!(2006年12月)

空石、どないや! いやいや、これは迂闊やったな。今度は俺が謝る番やが、今回の帰阪は見送るしかなさそうや。昨晩遅くから急に喉に激痛が走ることでいきなり始まった風邪やが、微熱(37度前半)も出てきて間接も微痛がでてきた。西洋薬を飲んで喉の痛みは引いてるが、明日までに治して3時間弱の移 […]

吉報続く…(日蓮宗の彼)(2006年12月)

日蓮宗の彼と21日に会う。こんなメールをもらった。 お仕事中に失礼します。先程の続きですが、一月からお寺生活ですが、そのお寺で勉強した事を「小坊主日記」としてブログにしたいのですが、出来れば空石さんのMONKフォーラムに参加させていただけないかと思いまして。お寺生活の事や自己発見 […]

MONK連、初の日蓮宗から誕生か?!(2006年12月)

無事JR猪名寺(大阪から普通で15分)すぐ真下に引っ越したわ。これで通勤がぐっと楽になる。まずは、地獄の4本目をおくっとくわ。懐かしいなあ。とともに、そろそろ5本目もやらなな。 次は吉報ぞ。先日、つれにこれから出家するという若者を紹介された。初の日蓮宗やで。しかも、元々寺でなく、 […]

摩利支天の思い出と猪の運の強さ(2006年12月)

空石よう!元気かよう!俺は元気だよう! 「…よう!」と言えば、もちろん我らがマンガ老師であるジョージ秋山の描いた「くどき屋ジョー」に出てくる憎めない極悪人である「毒薬仁」だが(…「もちろん」なのか…?)が、今も俺にとって「はぐれ雲」を立ち読みすることは、人生の悦楽の一つ。空石もま […]

照空への出産祝い感謝メールとお地蔵さん(2007年2月)

照空くん、どうも!円瓢、新米パパです! 先日は大変に心の篭ったお手紙をどうも有難う!「乱筆」だなんてとんでもない。長之坊くんが我がことのように喜んでくれている様が見事に現れた、躍動感の表れた達筆やったと思いますわ。内容も非常に明るく仏教的に知的であり、読んだ俺の方もとても幸せな気 […]

空石と久しぶりに会う@東工大(2007年5月)

さて、昨日は、時間がとにかく限られていたのが残念無念やったが、空石と東工大のメインキャンパスで弁当を食いながら1.5時間ほど話す機会を持てた。俺も13時から俺が発表のゼミ会合があったため遅れる訳にもいかず急いだので、結局、11:20から12:50の1.5時間という俺らにとっては短 […]

照空のお寺サイト構成(2007年5月)

モラ坊円瓢こと円瓢ですぜ よぉーし、照空くん、そろそろ一念発起して作ってしまおうか! 何を?もちろん、君のMONK寺サイトと「ごる寺」サイトですがな! という訳で、まずはMONK寺サイトを完成させてから、そこでのメニューを参考にして佐倉さんに「こういうメニューにするからこれこれの […]

「悩まない坊主どもめ!」~高野山医療セミナー報告(2007年8月)

高野山の医療セミナーは最高やったで。同行したメンバーもよかったが、内容もよかった。無論、「sprituality care」という、日本ではまだ馴染みが深くない内容を手にする難しさは痛感したが、それでも貴重な試みであるとは思う。来年も必ず行きたいね。尊敬するジャーナリストの柳田邦 […]

嬉々!2年ぶりの夜行バスで帰阪!(2007年8月)

長之坊くん、おはようございます! 目下、28・29共にOKとのことで、非常に嬉しいな。このまま、どなたも亡くなられないことを期待しております。どちらでもよいなら28がよりいいというのが俺の視点。 ちなみに俺の帰阪スケジュールやが、今回は大好きな夜行バスで帰阪する予定。最近の移動は […]

安芸門徒とHIROSHIMA~空石の広島便り(2007年12月)

広島は円瓢同様、当方も無知かつ興味のない地であったが、調べてみると中々面白い。(たぶん、どこに行ってもそうなんだろうけど・・・)少しそれるが、『仁義なき戦い』の舞台。これは今をときめくスターたちの駆け出しの姿が笑える。でも菅原文太はかっこええ。それが縁で、今は山口組などのやくざ史 […]

空石は37歳に、うちのセガレは「僧侶支度」!?(2008年10月)

空石、どないや!37歳か!一足先に37歳になった、円瓢や! なんだか早いのう。もうすぐ「不惑」やで、俺らも!30になっておやおやなんて思うてたら、もうすぐ40歳のおっさんやで。今もおっさんやけどな、年齢的には。若く見えてもよ。 けどよ、意外と「惑わなく」なったのは早いのではと個人 […]

空石(37)は盲腸入院し、「不自由感」と「殺し殺される物語」を思う(2008年10月)

ようやく37歳になったわ。精神的にも肉体的にも年齢的な違和感は感じないのだが、人並みになったことがあった。 10月9日に入院した。人生初の手術も経験した。心配は無用。虫垂炎、いわゆる盲腸だわ。13日に退院したので、いたって元気。傷口の完治を待つだけや。 健康だけがとりえで、37年 […]

ロマンを生む読書~空石へのメール返信(2008年11月)

す、すげえ!さすがはMONK活動家やな、空石は!普通の人間は、推理小説を読んで北緯と東経を合わせて「なるほどそういう話か!」と思うことはあっても、そこからヒントを得て「行ってみるか」と思う奴はおらんと思うわな。が、俺は絶対同じことしたと自信をもって言えるが。 そうか、南アルプスか […]

四国遍路デビューめでたいです!(2009年5月)

円瓢さん、お四国デビューおめでとうございます^^円瓢さんもお嫁さんやご自身の関係で実に色々な所にいかれますね^^しかしながら円瓢さんにとって最も仏縁が感じられる一つの、お四国デビューに行かれた事は、楽しかったでしょうね^^ 僕自身も真言僧侶の端くれにも関わらす未だに四国に行った事 […]