圓教寺①~ラストサムライのお寺へ~

さて、記念すべき第1番目の逗留地は、兵庫県姫路市にある緑豊かな古刹・圓教寺じゃ。 986年に性空上人によって開かれた天台宗の古刹という。姫路のすぐ北の書写山からロープウェーを上ったところにある。西国二十七番札所として、参拝客が集う魔尼殿は下から見上げるとまさに圧巻じゃよ。じゃが、 […]

圓教寺②~雨天引越~

「始まりは~いつも雨~」とCHAGE&ASKAばりに歌っている場合ではないぞ…。圓教寺に着いた当日は雨なんてものではなく、豪雨であった。雨音に耳を傾けているあいだ、MONK衆がわしの台座を組み立てておる。しっかり励んでくれ。

圓教寺③~取材その1~

昨日の雨はなんじゃったんじゃろ。やはり普段の行いがよいからであろうか。仏でよかったわい。 初夏の山寺はすがすがしさ満点じゃわ。 きょうは朝から新聞社の取材をうけたわい。ピンライトで照らされたり、結構たいへんじゃったわい。まあ、悪い気はせんのう。それにしてもご年配の方もこんな勾配の […]

圓教寺④~裏技習得~

今日はこちらの天気は曇り。先週末のような雨こそ降っておらんが、山の天気は変わりやすいので、ご参拝の方々はお気をつけてくだされ。台風も接近中とのこと。準備はお早めに。 そうそう。昨日のブログで書かせてもろうた朝日新聞デジタルの記事じゃが、あそこで紹介したURLに行くと「有料会員」で […]

圓教寺⑤~台風一過~

先日の台風は皆さん大丈夫じゃったかの。こちら姫路もえらいことになっておったが、大きな事故もなく安堵したのじゃが。台風が去った後は、また梅雨の天気になっておるのう。むしむし・じめじめ…じゃが、これを過ぎて迎える熱い夏には、雨が恋しくなるのが人情。全ては、相対的な認知ということじゃの […]

圓教寺⑥~語り部さん~

さて、きょうはわしがおる食堂から少し離れてみるかのう。裏手を少し下っていくと、奥の院がある。そこの中心にあるのが開山堂という建物じゃ。このお寺を開いてくれた性空という高僧をまつっておる。 凛としたたたずまいのお堂に上がってみい。そこには語り部がおられるぞ。物腰柔らかく、実に詳しく […]

圓教寺⑦~取材その2~

今日は取材を受けたワイ。女性のかたで、わざわざ暑い中着ていただいて感謝じゃわい。丁寧な取材で、わしも気分良くこたえさせていただいたかのう。思わず、話もでんぐり返りししながら弾んでいったのは、彼女の話術であろうか。 いろいろポーズをせがまれたのだが、それだけはのう…。結跏趺坐でお願 […]

圓教寺⑧~ドラえもんの落し物~

たまには山内を歩いてみようと思う。この時期は緑がすがすがしくて、森林浴には最適じゃ。ただ山ということは心しておかねばな。アップダウンが激しくて、いい運動になるわい。車も最大傾斜角が25度ので、4WDでないと入れないらしい。つまり、歩くと本当に心地よい汗をかくのじゃ。

圓教寺⑨~開祖のことなど~

きょうはこのお寺を開いた性空殿のことを紹介しようと思う。空海ら超有名な僧侶に比べると、巷間には知られていないのだが、なかなか面白い御仁である。 910年に生まれられたのじゃが、わしと同じく誕生のときも吉兆があったそうじゃ。京都の生まれで、家は名門・橘家という。ただ母君が何度も流産 […]

圓教寺⑩~え、九州なん?~

性空という御仁はどこまでも修業熱心だったそうじゃ。はじめ比叡山で勉学を続けたのだが、堕落していた当時の山内の雰囲気に嫌気がさし、九州の修験道のメッカ・霧島山に身を寄せた。 彼はどこまでも修業の道を究めたかったんじゃろうな。わしもその気持ちはわかるわい。俗世と関係を断ち切ると、いろ […]

圓教寺⑪~不思議なお供~

また性空殿の話である。 九州の霧島山で修行を行ったあと、今度は背振山へ移った。そこで法華経を暗じていると、それを聞きつけ、乙天と若天が現れた。かれらはそれぞれ、不動明王と毘沙門天の化身ともいわれる。乙天と若天は、終生性空殿につかえ、身の回りの世話をしたという。 修行熱心な主人のた […]

圓教寺⑫~書写の山へ~

性空殿が九州からなぜ、姫路に来たかじゃと?それは文殊殿の仕業らしいぞ。 なんでも修行中に、頭上を紫雲が覆ったらしいんじゃ。その雲は性空殿を招くように、進んでいく。紫雲についていくと、どんどん西へ、西へ。そしてたどりついたのが、姫路の書写山だったんじゃな。

圓教寺⑬~ノート~

わしの前には自由ノートがおかれており、さまざまな願いや思いが書かれておる。 わしもこっそり拝見するのじゃが、胸を打つものが多い。平和への思い、福島への思い、いろいろ書いてくれておる。

圓教寺⑮~びっくりなお知らせ~

僭越ながら、先日4日に神戸新聞さんにわしのことをとりあげてもろうた。最高の笑顔をつくったのじゃが、読まれた方、どうじゃったかのう? それから、色々な方々、メディアがわしのことに興味を持ってくださっている。まさに縁。ありがたいことじゃ。 そして、次の11日にラジオ関西の「時間です! […]

圓教寺⑯~秘密のお仲間~

わしが今いるのは、圓教寺の食堂の1階じゃ。 1階というからには、当然2階もある。ここがまたわしの仲間の仏像らが、わいわい騒いでおるのじゃ。じゃが、一番奥にいる仲間にも手を合わせてほしいのじゃ。

圓教寺⑳~こんなところに!~

散歩をしとったら、いや~びっくりしたわい。何をって?そりゃ、あんなとこにあんな方はおらんじゃろう。普通は。しかも寒さ好きのお方と聞き及ぶお人よ。飛べないとも聞いていたが、ひょっとしてあの羽は飛行用だったのかも知れんのう。 早く教えろって?まあ、せくでない。じゃが、見るが早いじゃろ […]