近江鉄道に揺られ永源寺に門を閉ざされる

強行日程とはまさにこのこと。
ときは昨年(2017年)の12月31日。押し迫ってきたどころではないタイミング。
私がタイ・バンコクから帰った次の日に、仏友が東京から乗り込んできた。

 

なにをたいそうな。たかが正月休みやないか!?
ふん、そう云うことなかれ。
われらにとり、恒例の「地獄巡り」、さらにその中でも「年の最後を締める」ための「地獄納め」は、それほどに労力(…と何よりも勇気)を要するものなのです。なのに今回は海外旅行からの疲れがまだ取れていない。中々の「地獄」(まさに)になりそうな予感がぷんぷんしますぞ。

 

さて、今回の目的地はというと…。
あまり準備時間がなかったので、深くは考えず、個人的に縁深くなっていた「近江」をチョイスした。

 

続きを読む: 近江鉄道に揺られ永源寺に門を閉ざされる

太郎坊から除夜の鐘とカツヤで真っ暗闇

だが、まだわれわれの年越しは終わらない!

それどころか、ここからが本番である。…既にちょっと疲れているが、気のせいだ。
 
まず、初詣には神社を目指すことにした。
勝負の神様として有名な「太郎坊宮」である。
またもや、八日市駅でガチャ電(近江鉄道の愛称)を待つ。
1日切符を買っているので妙に気持ちが大きいぜ!
 
おや?よく見ると、駅名表示のローマ字が「YO KAICHI」とある。
おそらく間に「H」が入っていたのであろう。確かに、英語風であれば「H」は不要かも知れん。
で、それを誰かに指摘され、または勝手に「H」が削り取られたのだ。
それが、田舎まちには少し不似合いな、ラップ調の「ヨー、嘉一!」に見えてしまう。
YO!YO!Kaichi!

続きを読む: 太郎坊から除夜の鐘とカツヤで真っ暗闇

香川照之+白洲正子=石馬寺?

さてさて、ホテルに戻って一眠り。さすがに徹夜だと翌日が響く年齢ですので。
起床してから、まずは滅多に観ないテレビをみる。これも「納地獄」では恒例行事。
BSでは俳優・六角精児の鉄道番組をやっていた。

へぇ、あのおっさんギャンブルだけでなく、鉄道も好きなんや。
親近感を持ちつつ眺めていると、少し勝手が違ってきた。
車窓から眺めながら、あらよっと缶ビールを仰ぐ。
駅を降りて今度は居酒屋を探す旅。あれ?そういう趣旨?
さらにそこで終わらず、フラフラともう一軒まで。
 
おいおい!!これって、飲んどるだけやんけ!
北陸の七尾線という情緒ある鉄道をテーマにしているのだが、その映像は1割程度か…。
 
最後は海岸で二日酔いなのか、視線を落としたままの映像がしばらく続く…。
これ、もう廃人だわな。六角氏、ギャンブルグルイとあんま変わらん…。
いや、待てよ。でもこれって、酒好きの理想みたいな番組なのかも知れん。
飲んで、旅して。旅して、飲んで。おまけに、飲みながら旅して。

続きを読む: 香川照之+白洲正子=石馬寺?

Joomla templates by a4joomla
Copyright 2000-2018. MONK Forum. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.